ホーム > コラム 保険活用と資産活用 > > No.30 もめない相続 トクする相続(2)

No.30 もめない相続 トクする相続(2)

こんにちは!
9月に入り、暑さが緩んできたでしょうか?
しのぎやすくなってきましたネ!
でもこんな時体調をくずしやすくなるようですから、
気をつけて下さいネ。


さて、相続セミナーも近づいてきましたが、
今回は、「代襲相続」というお話をします。


今、高齢化で、新聞のお悔み欄を見ると、亡くなられた年齢が
90歳を超えている方が多くなってきました。

そうすると、その子供さんは70歳代、お孫さんは40~50歳代
ぐらいでしょうか。

親御さんが亡くなる前に子供さんが亡くなるということも
考えられないわけではありません。

その場合、その後に高齢の親御さんが亡くなると、相続は
既に亡き子供さんに代わってお孫さんが受けることになります。

これを「代襲相続」と言います。


子供さんは2人なのに、お孫さんは6人なんてことはあり得る
わけですので、相続人の人数が増えることもあるでしょう。

それぞれ結婚していれば色々な諸問題が出てきますので、
争族にならないとも限りませんね!


これはお子さんがいるケースでしたが、

お子さんのいないご夫婦の場合は、それぞれの兄弟姉妹が
相続人になり、その兄弟姉妹も亡くなられた時は甥や姪の方々が
代襲相続として相続人になります。

そんな場合、ご夫婦の財産を守るとなると、遺言、
または遺言に代わる生命保険(受取人を指定するため遺言と
同じ効果を生みます)が必要となりますね。


それでは、また。

前の記事 次の記事
コラム 保険活用と資産活用一覧に戻る

お問い合わせ先

0120-605-870(ロウゴ ハナマル)

コラム

お客様の声 コンサルタント紹介 メールマガジン
ページ先頭へ