ホーム > 当社の考え方・ごあいさつ > 企業のリスク管理と保険の活用方法について

企業のリスク管理と保険の活用方法について

きのうちエージェンシーでは、企業の決算時に合わせて、保険のメンテナンス検証、見直しをすることができます。
財務状況を見させていただきながら、保険の重複や穴を検証し、保険料削減についてご提案させていただきます。
また、事業運営には欠かせない資金繰りを円滑にする保険の上手な活用についてもご提案させていただいております。

保険料の削減や資金繰りについてお悩みの方、是非一度ご相談ください。

財務状況から保険の重複や穴を検証し、保険料削減を実現します

企業にとって、年間に払う保険料は全体(損害保険・生命保険)を見ると、かなりの額になります。企業の規模にもよりますが、多いところでは1,000万円以上だったりします。
この時代に売上を上げることは大変ですが、保険全体を見直し、保障の重複や穴などを検証することで(公的保険からの兼ね合いも見ます)、無駄な保険を省き、全体の保険料を削減することは可能です。

財務状況を見させていただきながら、保険料削減のご提案をさせていただきます。

生命保険を上手に活用することで資金繰りを円滑にすることができます

生命保険については、万が一の保障、資金繰り、退職金の財源(御勇退時・死亡時)、利益の繰り延べ(払った税金は帰ってきません)、事業継承、相続対策(自社株対策)、借入金対策(短期・長期)、従業員の福利厚生などの用途に使えますので、適正な補償、保険料を算出することが大事になります。

用途を明確にし、優先順位をつけていく事が大事です。

また、生命保険は、証券と印鑑があれば、借り入れも(契約者貸付と言います)容易です。いざという時はとても簡単に事業資金になったりします。

生命保険を上手に活用することで、資金繰りを円滑にすることができるのです。

コンサルティング事例のご紹介

お問い合わせ先

0120-605-870(ロウゴ ハナマル)
ページ先頭へ