医療保険もお任せください

医療保険の現状と先進医療に対する知識を持ちましょう。そして、健康保険が変化していく時代に、どのような医療保険が必要なのかを個々にコンサルティングさせていただきます。

医療保険と健康保険について

医療保険をお話するにあたって、健康保険についてお伝えいたします。

今現在、健康保険の自己負担分は3割ですが、昔は1割という時代がありました。
40代以上の方は覚えていらっしゃるかと思います。
それが、2割になり、平成15年4月からは3割になった訳です。1割の時から比べれば、医療費は同じ治療をしても3倍かかっていることになります。

昔の民間の医療保険は20日免責と言って、20日までは入院していても支払いにならなかった訳です。それが、4日免責となり、5日目からでないと支払いにならないものがあります。
今まではそれでよかった訳ですが、これから、2年に一度の医療税制の変更で、どのような時代がくるのでしょうか?現在も公的保険は3割ですが、食事代等、自己負担分が増えています。

少子高齢化で人口が減り、そして、生産人口がどんどん減っていき、年金受給も減っています。

自助努力という言葉がありますが、まさに、これからはご自分で民間の医療保険を加入しておかないと治療費が膨大にかかり、公的保険だけではどうにもならないようになる時代がやってきます。
しかも、医療保険が更新型ですと、満了期間が来るたびに保険料が段階式に上がりますので、終身型で対応するほうが有効的であると思います。
病気になる確率が高いのは60代すぎて70代以上です。その頃に十分な補償を受けられる保険を選ぶことが大切です。

共済等も掛け金が安くてよいのですが、全部をこれで賄おうとすると、60歳、70歳になってきたときに保障が下がったり、疾病がなくなったり、するものがあります。その為、おかけいただく保険の比率としては、終身型を少しでも加入しておき、老後に、保障が出るようなものにしておくことをお勧めします。

入院保障や治療費を十分に補償してくれる終身型の医療保険の選択をすることが、これからの時代に変化する健康保険に対応する策として有効です。

医療保険に対して正しい知識を持ちましょう

医療保険の他にがん保険があります。
きのうちエージェンシーでは、医療保険と合わせて、がん保険のご加入をお勧めします。医療保険には入院日額の限度というものがあり、1入院、60日、120日、365日、730日などと決められております。
そこで、一旦打ち切られますので、また、180日たたないと医療保険が使えないことがあります。

病気によっては長く入院する場合があったり、頻繁に入院するケース、特にがんの場合は部位によっては上記のように入院することが多い事、先進医療と言って、健康保険の利かない治療方法があり、300万円以上かかる治療方法がありますので、長い治療期間を要する場合は治療費も膨大です。
そんなとき、ガン保険に加入していると、医療保険と合算で保険金が支払えますし、何より、がん診断金というものが何に使ってもよい保険金としてでますので、安心して治療に専念できます。
実際、私どもで、過去3年間(2006年~2009年)で、がんになった方に支払った保険金は3,700万円以上です。この他に疾病やけがでのお支払いもかなりの額にのぼります。
そして、医療保険やがん保険も日額も15,000円までは加入できるところもありますので、また、サラリーマンなのか、自営業なのか、日給・月給なのか、の職業でも違いますし、また、収入に応じても違いますので、ご相談しながら決めて頂くことをお勧めします。

注目されている先進医療の種類は?

注目されている先進医療(健康保険の利かない厚生省が認可した治療方法)が付加された保険会社が11社以上あります。
重粒子線、陽子線治療など300万円以上かかる治療費が支払えるものです。
これからの治療は情報をどこからもらい、どこに行ったらよいのか、そんなことが得られる方々から加入されたらよいのかと思われます。

最後に付加価値として、今、保険会社はいろいろなサービスをつけてきております。病気になられたりした場合、主治医だけではない、先生にも相談できる、セカンドオピニオンサービスが使えたり、優秀専門医のご紹介ができるサービスや家族の健康相談ができるサービスを用意しているところがあります。特に全国的に小児科が少なくなってきたことなど、考えますと、お子様が夜、熱を出された場合、電話で相談ができることはとてもよいことのように思います。

<医療保険 先進医療については、当社までお問い合わせください>


※ 先進医療制度とは、健康保険制度に基づく評価療養のうち、治療や手術を受けられた日において、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療施設にて行われるものに限ります)をいいます。
具体的な先進医療技術やその適応症(対象となる病気・ケガ・それら症状)および実施している医療機関については変更されることがあります。詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。

お問い合わせ先

0120-605-870(ロウゴ ハナマル)
ページ先頭へ