ホーム > 保険・資産活用トータルコンサルティング > オーダーメイドコンサルティング

オーダーメイドコンサルティング

企業の公的保険である労災保険・交通事故などにまつわる自動車保険の保障内容や企業が受け取れる保障について相談を承ります。

20代:結婚前に保険について考える

若いときから生存にかかわる保険、将来を助けてくれる保険を検討しましょう

(病気やけがになったときの備え)
この年代は独身の方が多いと思いますが、病気やけがになった時には、健康保険が適用にならないことがある差額ベッド代や食事代などは自己負担になりますので、意外に費用がかかります。
まずは、入院保険(医療保険)やがん保険、また、傷害保険なども加入することをお勧めします。

(死亡保障について)
この若い時期に死亡のことを心配する必要は無いかもしれませんが、もし、貯蓄代わりに加入するのであれば、終身保険がいいと思います。
元気でお過ごしになったときには、積立金が解約した時、解約返戻金として使えますし、まとまったお金の貸し付けもできて便利です。
また、終身保険は減額と言って、保険金を下げた場合に、解約返戻金が発生しますので、何かに使えますし、下げた保険料を結婚された時は必要保障額(ある程度の保険金が必要)を掛け捨ての保険に充当することができます。
若いときから先のことを考え、終身保険を利用する手段は多くありますし、終身保険には現在、たくさんの種類がありますので、こちらもご相談ください。

30代~40代:ライフイベントにあわせた有効活用ができるように準備する

ライフイベント(住宅購入・出産など)への準備を考える
この時期の方々は、結婚されて、お子さんが生まれたり、また、住宅購入というようなライフイベントとしてはもっともお金もかかる時期です。

(住宅購入について考える)
住宅購入を予定されている方は、保険を有効活用できるようにして契約しておくとよいと思います。
最初の段階では必要保障額を貯蓄重視の保険の比率を高くし、掛け捨て保険を低くしておくと、あとから有効活用ができます。もちろん、生存にかかわる保険も必要になりますので、ご家族一人一人の生存保障も最低限、用意されるといいと思います。

(出産・育児について考える)
お子様の医療保険については、いろいろな考え方があって、医療費が無料だからいらないという方もいますが、大きな病気やけがになった場合、個室などの差額ベッドや健康保険適用外の治療など、無料にならないケースがあります。そのようなケースに備えて、最低限の保険料でかけておいたほうが安心だと思います。
また、お子様が大きくなってきますと、教育資金がかかってきます。高校、大学、専門学校、大学院など、これからは少子化に伴い、教育にお金がかかることと思います。
生活費の節約や保険も一石二鳥に使える保険やまた、運用ができる保険や年金がありますので、活用することもお勧めです。

50代~60代:第二の人生目標にあわせた保険プランを考える

ご夫婦の老後資金、目標を打ち出す
そろそろお子様が独立し、ご自身の第二の人生目標を考えられる時期にさしかかります。

(ご自身の人生目標にあわせた保険の優先順位を)
保険としては何が最優先かを明確にしていく事が大事です。というのは、これまで必要だった保障がいらなくなる(ご自身に対する保障で十分になるという時期に差し掛かるからです。

(高齢化社会に備える)
これからの時代は、高齢化に伴い、(長生きリスクという言葉がありますね)、生存保障はいよいよ、保険料も高くなってくる年代です。また、健康状態によっては加入できないケースもでてきます。
このような背景にあわせて、終身型をおすすめします。(保険料が上がらず、一生涯保障があります)

(リタイヤ後の資金目標は?)
そして、60歳近くでリタイヤする方は、老後資金は明確にしておかなければなりません。退職金も含めて、金融資産特に、現預金については、急な出費や短期で使用するもの(3年以内)、10年を目途に使われるもの、それ以外と分けて分散しておくとよいと思います。
その際、3年以内のもの以外は、運用しながら、増やせるものに投入するとよいと思います。また、保険の機能(死亡された時は元本保証)があり、運用益も狙える変額年金もおすすめです。この場合、健康状態は問われませんので、安心してご加入いただけます。

(リスクの分散を)
また、“ひとつのかごに卵をもるな”という言葉がありますが、通貨分散はこれからは重要になると思いますので、外貨別年金もお勧めです。(豪ドル等)

70代~80代:病気に備える、そして次世代への継承を考える

生活をエンジョイ、そして健康!
“病は気から”という言葉がありますが、生活習慣病など予防医学を考えることが大切になる時期です。

(急な入院に備える)
急な入院、そして、転倒などの骨折など多くなるころです。
生存保障を重視して医療保険への加入をお勧めします。ご自身の健康を第一に考えた保険プランを選択しましょう。生活をエンジョイし健康である為に必要な保険が存在します。
現在では、80歳か85歳ぐらいまで医療保険、がん保険、傷害保険があります。

(資産の継承を考える)
ご自分の資産を子孫に継承するという相続も視野に入れておくべきだと思います。
「多くの資産をもっているわけでないから心配ない」
という方もおりますが、生きている限りはその方の名義の財産は多かれ少なかれある訳です。
どなたに託すかについて、争い族にならないようにしておかなければなりません。
今、弁護士相談の筆頭の中に、相続相談はかなり多くなっているそうです。
この年代になると相続対策に保険と言ってもかけられないケースもありますが、年金保険は健康告知もありませんし、一時払いで加入することもできますので、お勧めの一つです。

お子様のいないご夫婦:配偶者のことを第一に考える

生存保障と死亡保障は必要です。
お子様のいないご夫婦について、配偶者が万が一のことがあった場合、相続からみると、法定相続人は配偶者と御兄弟、またはご両親になります。

(配偶者を第一に・・・)
ご夫婦の大事にしてきた財産が配偶者以外の方に行くことについては皆さん、「それは心配」というお考えの方が多くいらっしゃいます。
通常、財産の相続は前述のとおり法定相続人に分配されますが、保険に加入していれば、その受取人は指定されます。受取人を配偶者としておけば、遺言を書いたと同じ効果を生み、安心して配偶者に託されます。

(生存保障、配偶者の生活を考えて)
また、生存保障についても、どちらかが病気やけがで入院されても負担は傍らの配偶者にきますので、加入は必要となります。
あわせて、介護保険等も考慮にいれておくべきです。また、運用についても変額年金や外貨建て年金などで、元気であれば年金の上乗せとして、万が一の時は保険金として、配偶者に残すことができますので、お勧めです。

おひとりさま:明確なライフプランを

生活をどのように充実させるか
おひとりさまについても明確なライフプランをたてて、目標を明確にしておくことが大事です。ご自身の楽しみに応じて資金を活用できるようにしておきましょう。

(お一人様でも相続が発生します)
法定相続人については、御兄弟か、ご両親、または甥や姪の方になります。死亡保障については、受取人を指定することにより、遺言と同じ効果を生みますので、託したい方に保険金が行きます。万が一の場合に託す方に保険は必要になっていくかと思います。

(生存保障は・・・)
やはり、おひとりさまについても、生存保障(医療保険、がん保険、介護保険、傷害保険)も加入をお勧めします。親類の方々との協力の支えになる保険です。
また、また、老後資金についても、年金保険(変額保険、外貨建等)での運用が保険の代わりにもなり、年金の上乗せにもなりますので、お勧めです。

<ライフプランにあわせたオーダーメイドコンサルティングについては、当社までお問い合わせください>

お問い合わせ先

0120-605-870(ロウゴ ハナマル)
ページ先頭へ